東大や早慶生が「ママ活」に殺到する事情・・・

8pt   2018-11-24 04:54
あんまめ\(^o^)/

06e792c9.png?w=680

1: 砂漠のマスカレード ★ 2018/11/23(金) 14:42:54.01 _USER9.net

30~50代女性と10~20代男性のマッチングをうたう、いわゆる「ママ活」のサイトが急増している。しかも東京大学や早稲田、慶應といった有名大学の男子学生たちが殺到しており、
あるイベントには30人枠に数百人が集まったという。
なにが起きているのか。作家の内藤みか氏が運営会社を直撃した――。

■なぜ高学歴の「男子大学生」は「中年女性」を求めるのか

「マッチング産業」に新たなトレンドが誕生した。それは「年上女性と年下男性」を結びつけるものだ。今秋、この組み合わせに特化したマッチングサイトが次々とオープンしている。

厚生労働省によると、2015年に婚姻したカップルのうち、その24%が「年上女性と年下男性」だった。それは30年前の1970年に比べ約2.5倍になる。年上女性を求める男性が増えているということだろうか。

「ママ活」という新語
最近は「ママ活」という言葉が取り沙汰されている。若い男性が経済的に援助してくれる年上女性を探す活動を指すものだ。
定義は明確ではないが、女性が食事をごちそうしたり、仕事や学業に必要な品をプレゼントしたりするなど、若い男性を支援するというものだ。

今秋オープンのマッチングサイトは、誰でも登録できるわけではなく、年齢確認が厳格な点に特徴がある。たとえば「スイートメモリー2」は、女性は35歳から(年齢確認できる身分証の提出が必須)、「SILK(シルク)」は、
男性は大学生のみ(大学メールアドレスでの登録が必須)となっている。条件はそれぞれ異なるが、どちらも年下の男性と年上の女性とのマッチングを目的としたサイトだ。

アラフォー女性の孤独に寄り添う
「スイートメモリー2」を運営する合同会社IOKの広報・金光弘嗣さんによれば、同社が、女性登録者に「35歳以上」という入会制限を設けたのは、
この世代の女性たちがほかのマッチングサイトではあぶれてしまっているように感じたからだったという。
肩身の狭い思いをしている彼女たちが優位に立てるサービスを作れないかと考え、年下男性とのマッチングに行き着いたそうだ。

主な対象は、世界一高いという日本人の中央年齢「46.3歳」の前後で、バツイチの女性だという。
筆者は、「日本の中央年齢(女性)」で「バツイチ」という、このサイトのコンセプトにぴったり当てはまっている。
実際の話、このサイトの存在を知った瞬間、「そういうのを待っていたのよ!」と膝を打った。本当に打った。

周囲の40~50代の独身女性たちも「友達が結婚してしまって一緒に遊ぶ人が少なくなった」と嘆き「一緒に出かけてくれる人がいない」とぼやいている。
本気でレンタル彼氏を検討している人もいるほどに寂しさを極めているのだ。
登録しているマッチングサイトではリタイアした60~70代の男性からのアプローチはあるが、若い世代からはほとんどノーリアクションという声もある。

この「スイートメモリー2」では8月下旬より登録を呼びかけたところ、男女比8:2で男性の登録者が圧倒的に多く、特に18歳から24歳くらいの男性の反応がよかったという。
「多くのマッチングサイトは、女性は無料で男性には有料課金がありますが、こちらは、男性は基本的に無料。
それが、登録件数が伸びている大きな理由です」(同・金光さん)。なお、女性会員には課金があり、月額3000円程度を検討しているという。

ソース
http://news.livedoor.com/article/detail/15637664/



c?ro=1&act=rss&output=no&id=6101346&name

出典: ガールズVIPまとめ
詳細は引用元へ:東大や早慶生が「ママ活」に殺到する事情・・・

Copyright © 2018 あんまめ\(^o^)/ All Rights Reserved.

   鬼女・喪女LTEアンテナトップページへ
の話題が沢山。